• ホーム
  • お知らせ

学校概要

②令和3年度 入学式 式辞

令和3年度 入学式 式辞

長い冬の間、じっと耐え続けてきた草木が、一斉に芽吹いて、本格的な春の訪れを感じ取ることのできる本日、ここに令和3年度島根県立邇摩高等学校入学式を挙行できますことは、誠に喜びに堪えないところでございます。ただいま入学を許可しました新入生81名の皆さん、保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。皆さんの本校への入学を私たち教職員並びに在校生一同、心から歓迎いたします。

この良き日に、松風会会長 大島淳様、PTA会長 坂根勉様のご臨席をいただきましたこと、高いところからではございますが、厚く御礼申し上げます。

さて、本校は、明治36年邇摩郡立石東農学校の設立以来、今年で118年の歴史を持ち、勤労・創造・仁心という、3つの伝統精神を受け継いできました。
平成7年度からは県内初の単独総合学科の高校として、特色あるキャリア教育を進めてきました。現在は、農業、ビジネス、生活、文化、福祉の5つの系列を持ち、それぞれの分野の専門的な知識や技能が身につく学びが整っています。
これからの3年間で、将来の職業選択を視野に入れた自分の生き方と進路への理解を深め、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力や社会を生き抜く力を養います。

皆さんは「人生100年時代」「Society5.0」の到来に向け、大きく変っていく時代の中にいます。これからの教育は、教育を通じて生涯にわたる一人一人の「可能性」と「チャンス」を最大にすることに主眼がおかれます。皆さんには、夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力、そしてこれからの社会の持続的な発展を牽引するための多様な力を身に付けていってほしいと願っています。

また、本校の校内には、平成21年度から出雲養護学校高等部の邇摩分教室が併設されています。同じ学び舎の隣り合った教室で、両校の生徒が、授業や様々な行事等において活発な交流をしています。これからも充実した交流活動を進め、お互いを高めあってほしいと思います。

皆さんはこれから様々ことを体験し、多くの壁にぶち当たり、それを乗り越えながら成長していくはずです。高校生活の様々な活動の中で、できること、できそうなこと、自分が得意とすることを増やしてください。国道9号線より本校へ向かうと「かなえられる夢がきっとここにある」というスローガンが目に入ります。まさにこれからの皆さんが、勉強はもとより部活動や様々な学校行事で頑張っている姿がイメージできます。私たち教職員は、皆さんが夢を叶えられるように全力で応援していきたいと思います。

 最後に保護者の皆様にお願いです。お子様の成長のためには保護者の皆さまと学校がお互いに連携しながら、それぞれの役割を果たしていくことが大切となります。どうか保護者の皆様におかれましても温かいご支援とご協力をいただきますようお願いいたします。
これからの時代を担っていく新入生の皆さんが、今日の感激を胸に刻み、心身とも健康で明るく、目標に向かって学校生活を送れますよう心よりお祈りしまして、式辞といたします。

令和3年4月9日
島根県立邇摩高等学校 校長 黒崎 千春

« お知らせ一覧へ戻る

« 校長だよりへ戻る

Page Top