• ホーム
  • お知らせ

学校概要

③令和3年度スタート

4月8日の始業の日に2,3年生が元気よく登校してきました。始業式の前に、校長の着任式を行いました。改めまして、今年度校長として赴任しました黒崎と申します。よろしくお願いします。
その後、9名の先生方の着任式を行い、始業式後には、新しいクラスの担任等の発表があり、生徒たちにとってもいよいよ始まったなと感じる瞬間であったと思います。
始業式では、次の2つのことを生徒たちにお願いしました。詳しくは、校長だより(①)をご覧ください。
1. 今年頑張りたいことを決めてその達成のために努力してください。
「努力は最大の力」です。
2. 将来社会にでてから必要される力、新しい時代を生き抜く力を在学中に身に付けてください。
具体的には、「コミュニケーション力」、「学力」、「自己管理能力」、「自主性」です。
翌、9日には、入学式が行われ81名の新入生が入学しました。これで、邇摩高校の新体制が始動します。

早速感心したことがありました。それは、入学式当日3年生の3名の女子生徒が、新入生の受付業務を「手伝います」といって自主的に手伝ってくれました。すてきな行動だなと感じました。

また本校は、昨年度から各種の式典の司会進行を生徒が行っています。始業式に引き続き、入学式でも生徒が司会という大役を見事に果たしてくれました。入学式が終わって、司会を担当した3名が保護者の前で改めて紹介されると大きな拍手がありました。生徒たちも達成感と自信が得られたのではないでしょうか。
「自信とは、経験の数である。経験は失敗を恐れないことである。」とあるラジオ番組で言っていました。生徒たちには、失敗を恐れず、色々な経験をして、自信を付けていって欲しいと思います。
本校には、様々な体験する場が用意されています。これからの成長がとても楽しみです。

4月1日から本校で勤務していると、春休み中でしたが、毎日校長室まで生徒の元気な声が聞こえてきました。それは、野球グラウンドからです。隊列をなしてランニングするかけ声や、ノックの金属音とともに聞こえる気合いの入った声など。よく見ると人数も20名近くいます。顧問に聞くと、新入部員がすでに12名が入部し、春休みから任意ではあるが数名が練習に参加してくれているということです。10日には、出雲北陵高校との練習試合を行いました。2試合行い、いずれも得点を重ね勝利しました。即戦力になる選手もいるということで4月16日から行われる中部地区予選に期待が持てます。
12日には、対面式、その後に部活動紹介があり、それぞれの部活動が動画や実演でPRをしました。新入生は、いずれかの部活動に入部し活躍の場を広げていってほしいと願います。
これからいろいろなイベント行われます。邇摩高生頑張れ!

<入学式> <野球部>

« お知らせ一覧へ戻る

« 校長だよりへ戻る

Page Top