• ホーム
  • 学校経営計画

学校経営計画

島根県立邇摩高等学校活性化プラン

活性化プラン図

学校経営計画

学校経営計画

1 本校が目指す学校
①本校の教育目標
  • ○知性を深め創造性を高める。
  • ○情緒を豊かにし正しい生活習慣を身に付ける。
  • ○心身を鍛え自信と根気を持つ。
  • ○勤労の喜びを味わい職業観を養う。
  • ★伝統精神である「勤労・創造・仁心」をスローガンに志高く未来を切り開く。

【総合学科の指導方針】
社会のしくみを理解し、自分を生かしながら社会に役立つ生き方を学ぶことによって、職業観を確立するとともに、科目を自主的に選択し主体的に学習することによって、生涯にわたって学習する意欲や態度を育てる。さらに、現代社会の抱える課題を意識し、その解決のために人間関係を深めながら努力し貢献する人材を育てる。

②目指す学校像
  • ○生徒が自分の生き方を主体的に考え、未来の夢を志高く描き実現するために必要な力を身に付けさせる学校
  • ○生徒一人一人の諸課題に対してきめ細やかな指導体制を整え、共生社会の形成者として将来必要となる規範意識や人権意識を確実に身に付させるなど、仁心の精神(情け深い心。思いやりのある心。)が息づく学校
  • ○生徒がふるさと島根県の自然や伝統文化の素晴らしさを、誰にも語れそれを継承できる力を育成し、ふるさとに愛着と誇りをもつ創造性と情緒豊かな生徒を育む学校
③目指す生徒像
  • ○自らの課題と目標を設定し、自己実現に向けて主体的に取り組める生徒
  • ○地域に愛着と誇りを持ち、将来、地域に貢献しようという志を持つ生徒
  • ○自他共に尊重し、思いやりをもってより良い人間関係を築こうとする生徒
④保護者・地域の願い
  • ○生徒一人一人の希望の進路の実現。
  • ○毎日健康で生き生きと通える学校生活の充実。
  • ○社会で自立して逞しく生きていける力の育成。
  • ○島根県への愛着と誇りをもち、大田圏域に貢献できる人材の育成。
  • ○農業・ビジネス・生活・福祉・文化の各系列で専門性を高め、産業界をリードできる人材の育成。
2 中期的目標と方策
【平成28年4月1日~平成33年3月31日の5カ年として、毎年度中期目標から短期目標を立案する】
□確かな学力を育む
  • ○授業力の向上。
    ・教員相互に授業見学や授業研究をとおして教員の授業力向上を図る。
    ・授業アンケートを活用した授業力向上の取り組みについて研究する。
  • ○ユニバーサルデザインを取り入れた授業改善を行う。
    ・本校独自の授業規律を作り、生徒にわかりやすい授業を行う。
  • ○ICT機器を活用した授業の推進。
    ・学習効果を高めるためにICT機器を積極的に活用し魅力ある授業を展開する。
□「志」「夢」「未来」を見つけさせる【進路・生徒指導・保健・図書】
  • ○キャリア教育の指導計画と指導体制を充実させる。
    ・「産業社会と人間」「進路設計」「銀の哲学A」の取り組み内容を精査し、効率的に活動ができるように研究する。
    ・生徒の進路情報を全員で共有し、生徒の現状や課題を把握し、組織的に適切な進路指導ができるように体制を整える。
  • ○人権意識・規範意識を高める。
    ・特別支援教育の研究を活かし、教育相談活動を充実させ全生徒が安心できる環境づくりを推進する。
    ・一人一人を大切にする生徒指導を実践し、生徒理解のもと規律・規範意識を確立する。
    ・人権に関するアンケート結果を効率的に活用し、人権教育を充実させる。
  • ○人間関係力を育み、生徒主体の活動を推進する。
    ・地域と交流する自主企画的体験活動を通して、物事を成し遂げる調整能力やコミュニケーション能力の育成を図る。
    ・教員と生徒が話し合う機会を作り、生徒が自ら企画運営する自主的活動を行えるように環境整備に努める。
    ・部活動や委員会活動を充実させ、生徒が主体的に行動できる態度を養う。
□保護者や地域と共に創る学校づくり【教務・総務】
  • ○家庭や地域との連携・協力体制を充実させ安心し魅力ある学校づくりを進める
    ・PTA総会やPTA活動だけでなく学年会や各種行事への参加を呼びかけ参加率の向上を目指す。
  • ○中学生や保護者へ本校の特色や学習内容の情報提供に努める。
    ・大田市立西中学校との中高連携事業を推進し、相互の関係を強化する。
    ・アンバサダー事業や邇摩高フェア、課題研究発表会など中学生が参加できる行事の情報発信を進める。
    ・保護者や中学生に向けての授業公開に取り組み、アンケートを通して授業改善に取り組む。
  • ○大田市と連携し魅力ある学校づくりを進める。
    ・大田市との学校魅力化の会議を通して、市と協力して魅力ある事業を構築していく。
□総合学科の魅力UP【全教職員・各系列・学年会】
  • ○体験的な活動を充実させる。
    ・校内外での実習や地域施設と連携し、多面的な体験活動をとおして職業教育を充実させる。
    ・地域資源(ひと、もの、こと)を活用し、地域の特性を生かした教育を展開する。
  • ○各系列の特色を生かした授業内容を展開し、生徒の学習意欲を高める。
    ・地域との交流を推し進め、系列での学習内容が地域や社会で役立つ内容であることを意識させる。
    ・少人数教育による授業を展開し、生徒ニーズを把握して、授業に取り入れる。
  • ○学年会の相談・指導体制の充実。
    ・学年会による生徒一人一人の理解を深め、きめ細やかな指導体制を構築する。
  • ○学校生活の満足度を高める。

学校評価

Page Top